Just Us Three Design

格安SIMってどんなものなの?何で安いの?

格安SIMというけれど、どんなものかご存知な方はまだまだ少ないことでしょう。

格安SIMということばに含まれている、SIMという言葉、
SIMというのは、携帯電話やスマートフォンの中に挿入して使用するチップの事。

金色のICチップが、プラスチックの台紙に埋め込まれたものになります。

このICチップの中に、
★携帯電話番号
★どこの携帯会社を使っているのか
★携帯会社への接続に必要なIDやパスワードのような情報
などがふくまれているのです。

このチップを入れないと、携帯電話会社の通信回線を使うことが出来ません。

通信回線と言っても、ただ単にデータだけをやり取りする物ではなく、
音声データ、つまり会話をするのにも、この通信回線が必要になるわけなのです。

★他の携帯番号や自宅回線などへ電話を掛けるのに必要
★インターネットでホームページを見たり、アプリのダウンロードや更新、データのやり取り、メールなど
をしたりするのに必要

になります。

このICチップの発行元は、ドコモであったりAU、ソフトバンクといった大手のキャリアと言われる
携帯電話会社であったり、最近話題の格安SIMの提供会社であるMVNOだったりします。

キャリアとMVNOの違いは、通信回線や通信機器などを、自分の会社で持っているかいないかの
違いになります。

通信回線や通信機器を運用するのには莫大な費用が掛かります。
設置にも費用が掛かるし、維持していくのにもお金がかかります。

大手キャリアは、独自で回線や機器を持っているのですが、莫大なお金を投資して設置したのです。
ただ、全てを使いきれていない為、設置費用の一部を回収する目的もあり、
MVNOと呼ばれる会社に通信回線や通信機器の一部を有料で貸し出すことにしたのです。

もちろん、大手キャリアが独占している市場をなんとかしたいということで、政府が
動いたというのも大きいです。

自分で回線と機器を持たないで、しかも店舗を全く、またはたくさん運営しないことで、
店舗運用コストなども極力減らして運用しているのが格安SIM業者なのです。

そうした理由で、現在の所、大手の通信業者の半額位の料金プランで、
スマホを運用できるサービスを提供できるわけなのです。

ただ、注意が必要なのはSIMフリースマホか、自分が持っている同じ通信回線網を利用している格安SIM
を契約することです。そのことについては、こちらの格安SIMを使う際の注意点ページにて解説いたします。